嵐インフォ Arashi info

嵐ファンのためのインフォサイト

“嵐の隠れ名曲”まとめ【大野智・櫻井翔・相葉雅紀・二宮和也・松本潤】

横山恋愛アカデミー WL-A170

   


■「できるだけ」

アルバム「How's it going?」の収録曲である。

Aメロにはいるまでに大野智の綺麗な声をきくことができるのでお得。またサビの歌詞の部分に共感する人は意外にも多いはずだ。

■「carry on」

アルバム「Time」の収録曲で辛い時にきくとしみじみと元気がみなぎることは間違いなし。

また相葉雅紀の歌うパートになぜか‘‘ジーパンの裾‘‘がでてくるのが不思議。

■「僕が僕のすべて」

シングル「Beautiful days」のカップリング曲である。

ゆったりとしたメロディであるが、歌詞がとにかく良いのでこの曲に支えられている人が多い。

またauのCMソングで嵐は2008年から同社のイメージキャラクターを務めているが、CMソングを担当するのはこの曲が初となった。

■「スーパーフレッシュ」

シングル「マイガール」の通常盤収録曲でミディアムスローのテンポが特徴。
心が癒され、歌詞に大切なメッセージも含まれている。

また大野智が振り付けを担当した。

■「season」

シングル「Everything」のカップリング曲である。
新しい季節に踏み出す切なさが逆にいい。

また2007年から毎年行っている『卒業ソングランキング』では、2013年の調査で初めてTOP10にランクインした。

■「La tormenta 2004」

アルバム「5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004」の収録曲で「ラ トルメンタ」と英語ではなくスペイン語でよむ。訳すと「嵐」という意味。

またメンバー紹介の歌でコンサートなどで歌われる。

■「空高く」

アルバム「僕の見ている風景」の収録曲で「12345」というメロディーは一度聞いたら耳に残りやすく歌詞も覚えやすい。

またフジテレビ系ドラマ『最後の約束』主題歌でもある。

■「FINAL Remix feat.WISH, Love so sweet & One Love」

シングル初回限定盤「One Love」の収録曲である。

簡単に説明するとシングル「WISH」、「Love so sweet 」、 「One Love」が一つにまとまった曲でスペシャル感溢れている。

ドラマ「花より男子」を見終わった後にききたい曲ナンバーワン。

■「ファイトソング」

シングル「Love so sweet」のカップリング曲である。

嵐5人が作詞、メンバーの二宮和也が作曲している貴重な曲でメロディが明るく、きいているだけで元気になれる曲だ。歌詞がまたこの曲の良さをひきだしてくれている。

また日本テレビ系『Gの嵐!』公式応援歌でもある。

■「アレルギー」

アルバム「ARASHI No.1〜嵐は嵐を呼ぶ〜」の収録曲である。
曲のはじめから独特なメロディーで、ハマる人も多い。

また大野智の好きな曲で「ARASHI Anniversary Tour 5×10」で披露された。

■「揺らせ、今を」

シングル「Troublemaker」のカップリング曲である。

とても明るい曲調で日本テレビ系情報番組『ズームイン!!SUPER』やオリンピックの冬のテーマソングに起用され、たくさんの選手や視聴者を後押ししたこの曲は「Troublemaker」の影に隠れてしまったのが残念。

■「Love Situation」

アルバム「Time」の収録曲で少し切ないラブソング。

嵐らしくない曲だが一度この曲をきくと耳に残る。
またライブで嵐が踊るダンスにもぜひ注目してほしい。

■「5×10」

アルバム「All the BEST! 1999-2009」の収録曲でメンバーが作詞し、10周年の感謝の気持ちを込めた一曲で意味がわかればわかるほど感動する。

■「CARNIVAL NIGHT part2」

アルバム「ARASHIC」の収録曲である。

「Lucky Man」「Oh Yeah!」と同じくコンサートで盛り上がる定番の曲で「CARNIVAL NIGHTpart1」のほうが未だに作られていないのが気になる。

またこの曲は「ARASHI アラフェス NATIONAL STADIUM 2012」では、「FESTIVAL NIGHT part.2」として披露された。

■「春風スニーカー」

シングル「きっと大丈夫」のカップリング曲である。

きいていると心あたたまり、季節をかんじる一曲だ。

 - 未分類

×
KYゼリー